冬の贈り物


今日は雪が降りました。 

 思ったより、まだそんなに積もっていません。

周りの森はうっすらと雪化粧。こんな景色が見られるのも久しぶりです。もうじき終わる冬の予感がします。

今日はそんなわけで、馬をいつもの斜面の放牧場に放さず、クラブハウス周辺の平らな所に放しました。どさんことアパルーサだけがはしゃぎ、走り回っていましたが他の馬たちは、静かでした。 

それほど積もらない粉雪は、後ほどみぞれに変わりました。きれいな雪景色は、季節の変わり目にだけ楽しむことのできる冬の贈り物ですね。

しばらくして、いつもの乾草の時間がくると、いつもの場所にふだんと同じように馬が現れました。

すると、どんどんほかの馬たちも後からやって来ました。
食事の時間には遅れたくないようです。 

そそくさと走る馬の姿も。


このあと無事に馬たちは皆、厩舎のなかへはいり乾草を食べて過ごしました。
その後雪が小降りになってきたので、乗りに来て下さったお客様が乗馬を楽しんでお帰りになりました。
雪は明日まで続くそうです。
ここ霞ヶ浦は、今年は雪が降ってもほんの少しだけですぐに解けてしまったので雪の景色がとても新鮮なのです。