黄金色の季節

雲1つない青空の下、霞ヶ浦ライディングファームの場内は、黄金色に輝く木々の葉に彩られています。
黄金色は、秋が深まっているのを感じさせてくれる色。
太陽が照らせば、ますます輝きを増す、美しい色です。


外乗の広場も、すっかり秋色に

丘の木も同じ色に変わり、輝きを増しています。

牧草が日光を浴びて、オリーブ色に輝いています。

下を通ると、馬たちがこちらを見ます。

この丘の上は、並木道になっています。

散歩するのにぴったりの場所です。
 

林檎の木もありますが、とても小さな林檎しか生りません。

最も、こんな所に生ったらぜんぶ馬たちに食べられてしまいますが。。。 

代わりにニンジンを作っています。

馬たちをつかまえる時に、ニンジンを籠に入れて呼び寄せるためです。

籠の中でニンジンの音がすると、眼をまるくしてこちらへ寄ってきます。

ニンジンの畑は柵で囲まれているので、馬たちは入ることができません。

放牧場の下には、道路との境の柵があります。

ニンジンの畑です。