外乗コース(森の小道)



奥がスタート地点になっています。 


遊びにきてくれた、ラブラドールのリーコのあたまが手前に写っています。
ここが森の小道、入り口付近です。
真夏でも、木陰では、やわらかな心地よい風が吹いてきて、馬にとっても過酷な運動にはならずに、ほっとしました。
※写真のご提供(画家・高山博行さん)


リーコ越しに外乗を楽しんでいるのは、テニスの練習の合間を縫って、ライディングファームに訪れてきてくれた子供たち。



 
道の奥まで来ますと、「秘密の楽園」とでも呼びましょうか、ちょっとした広場にぶつかります。(ここでUターンします。)

子供が自分の隠れ家を見つけたときのような、そんな気分を味わうことのできるコースができました。 

 
もともとは、こんな道でした。時間を忘れて、ひたすら木を抜いたり切ったりしていたら、やっとの思いで道が開けてきました。