雨宿り

地震の後、馬たちは幸いにも通常どおりの暮らしが送れています。

冷たい雨の降ったあとは、地面もぬかるんでしまいます。
そんな時、木の下をみんな好んで歩きます。
馬も、犬も。
木の下は、雨や陽射しから身を守るのにうれしい場所だからです。
時には、寒さからも身を守ります。
風の強い日、外乗で森の中を走ると、風の冷たさをまったく感じなくなります。
外へ出ると、こんなにビュービュー吹いていたのだ、と驚いてしまうこともあります。


 

 

どんな時でも、綺麗な夕日は人の心を癒してくれます。
 
 
 廃材と、馬房の板を使って、棚を作ってみました。
白い水性ペンキも、柵に塗ってあるのと同じものです。。
材料費は少ないですが、人件費だけかかっています。
何日もかかっていますので。

 上の板が、馬房の板です。
とっても丈夫そうなので、余っていたのを使いました。

 こんななんの変哲もない棚ですが、いらないものから作ったという達成感で、なぜか愛着が湧きます。。